red orange yellow green blue pink

考えながら打ってしまうのは

7月 6th, 2014

タイのゴルフ場の情報と予約なら、ワールドゴルフ ネットワーク
運動というのは、あまりいろいろ考えながらするのは良くないと私は思っています。ただ、思っていますが出来ません。特に苦手なドライバーでの一打になると、いろんなことを考えてしまいます。グリップの持ち方は合っているか、立ち位置とボールまでの距離が近すぎたり、遠すぎたりしないかなどであれば、まだいい方です。動き出す前だからです。私の場合、動き出してからも考えてしまいます。バックスイングの角度が倒れすぎているのではないだろうか、きちんと上半身は回っているだろうかなどなど、一気に振り出すまではいろんなことを考えます。なので、良い結果なんて出ません。
いろいろ考えなければならないのは、ちゃんとした打ち方をまだ覚え切れていないためです。なので、結局の所練習不足なのだと思います。何度も何度も同じスイングを続ければ、自然と動けるので考える必要もなくなります。自分ではそれなりに練習してきたつもりですが、1年そこらのゴルフ歴ではまだまだダメなようです。いつか考えないショットが打てるように、これからも頑張りたいと思います。

斜面からのショットに苦しんでいます

7月 1st, 2014

ゴルフ場と打ちっぱなしとの違いはいろいろあります。打ちっぱなしの方が行き慣れている私としては、その違いに苦労させられることがたくさんあります。例えば、斜面からのショットです。ゴルフ場には下り、上りを問わず坂があることが珍しくありません。そこにボールを打ってしまえば、斜面からショットを打たなければなりません。斜面からのショットにはコツがあり、斜面に対して垂直になるように立って打つというものがあります。確かに、それならいつも通りの感じで打てそうです。ただ、それはボールとの距離感の話です。地面が傾いているのに垂直に立つというのは簡単なことではありません。当然、垂直に立っているだけで無理な体勢になります。いつもと同じ感覚に近づけても、体は力んでしまい、上手く動きません。結果、ダフったり、先の方で打ってしまったりします。
打ちっぱなしでは練習できないので、とても困るケースの1つです。そういった練習もできる練習場があればいいのですが…。